古今洋歌集

…力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をも哀れと思はせ、男女の仲をも和げ、猛き士の心をも慰むるは、それ歌なり。
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CURRENT MOON
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
Blog People

コヤツを登録 by BlogPeople

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
ライトに教わったプライス


ジョー・プライス(Joe Price)が四十年かけて収集した、
伊藤若沖をはじめとする江戸中期絵画コレクション
NHK新日本美術館を観て、かって二十代の若き米人御曹子に日本の美を
教えたのはフランク・ロイド・ライト(Frank Lloyd Wright 1867〜1959)と知った。

プライスタワー:ライト晩年の高層建築(from Great buildings.com)
プライス氏の父君(ハロルド氏)は、オクラホマで石油パイプライン事業を手掛け、
一代で財閥を成し富豪となった。この創業者が自社ビル(Price Tower 1952-56,Oklahoma)
設計を依頼した人こそライトであって、御曹子ジョーは、ライトから直々に
「ジャパニーズ・アートとは何ぞや」の教示を受けたそうだ。

ライトは「日本の芸術は自然を本意とする。自然の観察に徹し、そこで得心した
自然の構造を表出せしめるのが、日本の芸術文化である」とジョー氏に説いた。
そして「神はGodやGODと大文字で書くだろう、
同じように自然もNatureやNATUREと大文字とすべきだね」と語ったそうだ。

その後、ジョー氏は大学卒業の記念にスポーツカーを買うべく紐育へ来たが、
街の古美術商で水墨画に出会う。いったんホテルへ帰るが
シャワーを浴びても食事をしても画が忘れられず、ホテルを出て店へ駆け込んだ。
かくて手中にしたのが「葡萄図」である。

日本美術なぞ買ったことのないジョー氏が初めて手にした日本画であり、
これこそ、ジョー氏の後半生をきめることとなった若沖であった。


江戸絵画に魅せられたジョー氏は御曹子であるから、
自家用大型ヨットで、日本へ京都へとやって来る。
そして、旧家の蔵に眠る若沖を、信じられぬほど安値で買い取っていった。
通訳に雇った日本女性にも一目惚れし、やがて妻(エツコ夫人)として迎える。

若沖は生前「具眼の士を千年待つ」と語ったそうだが、その通り、
およそ200年もの間、高く評価されることはなかった。
ひとりジョー・プライスを除いては。

【きょうの付け足し】
◆「「動植綵絵」…若沖は、皇居・三の丸尚蔵館にも収められている。若沖熱によって、大規模な絵画修復が行われ、その成果の一部は我ら一般民の観覧に供されている(管轄は宮内庁)。
The Etsuko and Joe Collection(心遠館)根付も収集しておられる

◆紋意匠図…若沖大作「鳥獣花木図」の技法は、升目に下絵を入れていく西陣織正絵もしくは意匠図をヒントにしたのでは?とNHK。
◆ライト設計の帝国ホテル開館日(1923年9月1日)は関東大震災…まぼろし博物館
◆ライトの生年1867年(一説に1869年)…夏目金之助も同年生れ。パリ万博、大政奉還、竜馬暗殺、ええじゃないか。
スポンサーサイト
- | 11:11 | - | -
コメント
from: Tak   2006/07/23 3:07 PM
こんにちは。
TBありがとうございました。

番組中々よくまとまっていましたね。
プライス展の若冲の記事をこちらから
送らせていただきます。
from: tad   2006/07/23 3:20 PM
>Takさん

こちらこそ突然のTBで相済みませんです。
今後とも貴ブログ、楽しみに拝見致します。
from: 視人庵住人   2006/07/23 8:00 PM
毎度お世話になります。
T.B.ありがとうございます。

日曜美術館、よくまとまっていましたね。
宇多田ヒカルのP.V.が流れたりして、さすがNHK!
会期中もう一回は視にいってこようと思っています。

今日、三井記念美術館で開催されている「美術のなかの「写」−技とかたちの継承」を視にいってきました。
安藤緑山の実物とみまごうほどに精巧に作られた象牙の果菜置物(茄子、枝柿、無花果、蜜柑など)は一見の価値はあると思いました。
ただレストランの料理サンプルとどう違うかと突っ込まれると弱いですが・・・・

http://www.mitsui-museum.jp/exhibition_01.html
from: tad   2006/07/24 4:31 AM
視人庵住人さん

コメント有難う存じます。
三井の展覧会、「うつし」という視点が
とても興味深いですね。
去年の開館時、美濃焼(志野)の国宝茶碗を
見ておきたかったです、残念。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tadyoshida.jugem.cc/trackback/131
4日から東京国立博物館で始まった「若冲と江戸絵画」展 一昨日居ても立ってもいられず、行って来てしまいました。 以下の展示内容・感想、第三章を除いて一昨日こちらに書きました。 簡単に書こうと思いつつもダラダラと書いてしまいました。 見所随所にあって一
弐代目・青い日記帳 | 2006/07/23 3:05 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/03/24 6:42 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2007/06/09 10:42 PM
 
SPONSORED LINKS

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"