古今洋歌集

…力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をも哀れと思はせ、男女の仲をも和げ、猛き士の心をも慰むるは、それ歌なり。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CURRENT MOON
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
Blog People

コヤツを登録 by BlogPeople

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
Countdown(5) ひしひしと、アフターダーク
カリフォリニア・オークランドに移動してのアスレチックス戦。4打席目にライト前ヒット!252本目で残り「5」だ。「5」の曲は、待ってました「Five Spot After Dark」。村上春樹の新作小説ヒットに伴って、CDも売れまくっている(という噂)。ご存知カーティス・フラー名義「Blues-ette」収録曲、バァラァパパッパァ〜バッパァラ〜であります。イチローもハルキもヒットめでたし、世界のビッグネームですね。1959年ニューヨーク録音のメンツは、もうひとりの主役ベニ・ゴルソン(ts)、それにトミ・フラナガン(p)、ジミ・ギャリソン(b)、アル・ヘアウッド(ds)。小説では30ページあたりに「ひしひしといいんだなあ…」と書かれております。なるほど、ひしひしですか。私はぬくぬくと感じてしまう。温かくて、いつまでも浸かっていたくなる音。「オレはこんなん大嫌いや」と無理して言ってみても本心で抗うのは難しい。そんな感じ。イチロー、村上春樹、ブルースエット。私のブログにしては珍しいことに、メジャーどころが揃い踏みしました。



【本日のイチロー全打席】
live.sports.yahoo.co.jp/sportsnavi/20040928.html
★★★イチローCOUNTDOWNサイト
www.major.jp/ichiro2/

【今日の蛇足】
9月28日付東京新聞夕刊の文化欄で、菅野さんという文芸評論家が書いていたこと。「アフターダーク」小説において、登場人物たちの関係や行動原因に分からないことが多いことにふれて…(以下引用)『読者を宙吊りにする謎をいくつも仕掛けて小説的な興趣を作り出すことと、小説のなかに仕組まれた平行的な筋道を読者が統合できるように、しかるべき手がかりを布置することとは、おのずから別である』(引用終り、ふ〜)だそうだ。ちょっとわかりにくい文ですね。ミステリー小説じゃないんだから、因果関係をわかるようにしなくても良いと思う…。以上、蛇足でした。
スポンサーサイト
- | 20:10 | - | -
コメント
from: kumac   2006/03/26 6:01 AM
TBさせてくださいね。
そうですか、村上春樹さんのおかげで、このCDも売れているのか。ねんか、面白いですね。
from: tad   2006/03/27 4:11 PM
kumacさん はじめまして。
これですがね、単なる噂もしくはネタで
ございますので,あしからず…。
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tadyoshida.jugem.cc/trackback/39
「アフターダーク」 村上春樹 著 講談社 ISBN 4-06-212536-6 定価 1400円(税別) そして、ぼくは本を閉じ、その余韻に身を預ける。 こんなに美しいラストシーンは見たことがない。 さまざまなイメージが重なり合い 僕らは最後に美しいラストシーンと出会う。 (注
af_blog | 2004/10/05 3:07 PM
 カーティス・フラーと言えば、kumacにとっては友人K氏なのだ。誰が何と言おうと、K氏以外にありえない。ただぶらぶらしていた大学浪人時代に、夜になるといつも徹夜麻雀の誘いをしてくるK氏は、大のジャズファンで、それもトロンボーンが好きだった。、彼は、中学時代
kumac's Jazz | 2006/03/26 6:27 AM
 
SPONSORED LINKS

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"