古今洋歌集

…力をも入れずして天地を動かし、目に見えぬ鬼神をも哀れと思はせ、男女の仲をも和げ、猛き士の心をも慰むるは、それ歌なり。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CURRENT MOON
Google
WWW を検索
このブログ内を検索
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
Blog People

コヤツを登録 by BlogPeople

 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
掛合の歌(1) 外は寒いよ
立春でありますが、寒いですね。鹿児島にも積雪だそうです。私は干支は戌ですが猫よりも寒さに弱く、ブログもただいま半冬眠状態に入っております。
「外は寒いよ」はデュエットソング(というか、女性が独り言のように歌うところに男がからむ)。“Baby,It's cold outside”という冬の夜のスタンダードであります。女性が「もう夜も更けたし家へ帰らなきゃ」と言うのを、男が「いや、外は寒いよ」と引き止める。ごくごくシンプルで暢気で愛らしいアメリカン・ソング。歌を書いたフランク・レッサー(Frank Loesser)夫妻がハリウッドのパーティ等で歌って評判を呼び、それがキッカケで世に出た歌だとか。

「I really can't stay」とか「My mother will start to worry」とか言って帰ろうとする娘さん。男は、外は嵐だ。タクシーもない。風邪引いて死んじゃうよ、などと言いつつ「Your eyes are like starlight now」とか「Your lips are delicious」とか歯の浮くような言葉で畳み掛ける。「あなたの呪文のような言葉から逃れたいわ」と言いつつ結局「じゃあ、飲み物をもう半分だけ戴こうかしら」となる展開。ミュージカルの舞台にうってつけです。

ダイナ・ワシントン、エラ・フィッツ、ディーン・マーティンなどなど色んな人が歌ってます。芝居気を出しすぎると娘が「大いなるカマトト」になってしまうので、私好みとしてはサラっと歌うのがよく、ダイナ・ショアとかジョー・スタッフォードあたり。去年の秋出たロッド・スチェワート盤(The Great American Songbook第3集)での相手は、なんとドリー・パートンでした。確かにアメリカンだもんな…。レイ・チャールズ盤(1961年)の相手はベティ・カーター。この時ベティさん31歳。出してはる「可愛い声」がいやはや何とも。

★フランク・レッサー自作自演盤…『Frank sings Loesser』『An Evening with…』。へえ〜、これは初めて知った。こんな録音もあるんですね。後者は舞台用に作ったデモらしい。

★「赤ん坊それは冷たい外側である」…ロッド&ドリー盤の歌詞をグーグルの翻訳画面で見たら、こうだった。ついでに、こんなのも出る。

「赤ん坊私はあな たほしいほしである」…ブレッド“Baby,I'm-A Want You”
「私の赤ん坊がありなさい」…ザ・ロネッツ“Be My Baby”
「Gee の赤ん坊, i はあなたへよくないか」…“Gee Baby, Ain't I Good To You?”
「"私は赤ん坊" あなたをやめることができない」…“I Can't Quit You,Baby”





スポンサーサイト
- | 14:17 | - | -
コメント
from: (ぶ)   2005/02/04 4:43 PM
お久しぶりです。さて、

>女性が「もう夜も更けたし家へ帰らなきゃ」と言うのを、男が「いや、外は寒いよ」と引き止める。

というやりとり、なんか日本語の歌であったような・・・、と思い出してみたら、吾妻光良&The Swinging Boppersが『Sqeezin' & Blowin'』でこの“Baby,It's cold outside”を日本語詞ヴァージョンで唄ってました。吾妻氏のお相手は服部恭子という方です。ご存知でしたら恐縮ですが、吾妻氏扮する男の未練たらたらオヤジっぷりが、日本語のおかげでよく伝わって面白いですよ。
from: tad   2005/02/04 6:33 PM
(ぶ)さん、お久しぶり。そちらも寒いですか?

吾妻さん盤、知らなかったです。「おもて寒いよね」
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A002794/VICL-60848.html
 ↑
さっそく試聴。いや、いいなあ。さすがに。

ママがカンカンよ〜/だますのカンタンさ〜
パパもイライラ〜 / 接待でフラフラ〜
ワインも終りね〜 / 飲まないか味噌汁〜

試聴はここまで。続きが気になる…。


from: (ぶ)   2005/02/04 8:53 PM
こちら(京都)も寒いです!今日は休みなのですが、一日暖房ガンガンで自宅に引きこもってました(笑)

バッパーズ版の続きは・・・ひょっとしたら今後購入されたら楽しみも半減するかといらぬ気遣いでお教えしませんが、スケベ心丸見えで聴いてる方はそれじゃ帰っちゃうよ・・・と思うような展開です。

ところでバッパーズのこのアレンジ、元ネタはなにかなと思って検索してみたら、ルイ・ジョーダン・ヴァージョンが良く似ていました。
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/B000069DWY/002-3058783-6470422?v=glance
(Disc4のM-1、ちなみにDisc2のM-17には"Don't Let the Sun..."が! )
from: キタガワ   2005/02/26 11:22 PM
おひさです!
先日この二人の「エブリタイム・ウイ・セイ・グッバイ」を聴いて感激したんですけど、このアルバムに入ってるんですか?
ご存知でしたら教えてください。これってアマゾンとかで買えますか?
from: tad   2005/02/27 11:02 AM
キタガワさん、おひさしぶり。
「エブリタイム・ウイ・セイ・グッバイ」、1曲目に入ってます。噛みしめるようなレイの歌い方がグッと来ますね。
このCD、全24曲入りのお買得です。
アマゾンにあります。
 ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000063EW/qid=1109469445/sr=1-1/ref=sr_1_0_1/250-7405352-4787400
from: キタガワ   2005/03/06 5:04 PM
お〜、ありがとうございます!これはチェックせねば!
期待大です!
from: akemin   2005/11/11 11:15 PM
「mirukoの時間」ココログのakeminです。
吾妻光良&The Swinging のBaby,It's Cold Outsideについて書いています。よろしかったら見に来てください!
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tadyoshida.jugem.cc/trackback/61
 
SPONSORED LINKS

Copyright (C) 2004 paperboy&co. All Rights Reserved.

Powered by "JUGEM"